階段昇降機の基礎知識

寸法・サイズの比較

階段昇降機とホームエレベーター(家庭用エレベーター)を寸法・サイズで比較

階段昇降機を導入するか、ホームエレベーター(家庭用エレベーター)を設置するか検討中の方へ。製品を導入する際に確保されなければならい寸法・サイズなど、階段昇降機とホームエレベーターを比較しています。

階段昇降機

設置をする場合、いす式階段昇降機は階段の上に設置をすることになりますので、元々の階段幅から通行可能な有効幅が狭くなってしまいます。基本的に階段の上は、いす式階段昇降機のレールと支柱だけが固定された状態となりますので、いす式階段昇降機の設置を行ったことにより通行が出来ない状態となることはありません。ただし、いす式階段昇降機の機種や設置プランなどによっては、階段の昇り口や降り口に椅子が停止することになる為、その部分につきましては設置前よりも狭くなってしまう場合があります。

発売当初のいす式階段昇降機と異なり、現在は椅子の肘掛け、座面、足台が跳ね上がるような構造になっており、いす式階段昇降機を利用しない場合などは、利用時の半分程度のサイズに折り畳むことが出来、日常生活の動線を遮るようなことはありません。

リフォームのページでも触れていますが、車椅子をご利用される方の場合は、車椅子から階段昇降機へと移乗する必要がありますので、自力であれ介添え人がいるのであれ、移乗する為にはかなりの労力(車椅子とリフト座面部との高低差による)を要します。費用面やスペースの確保に支障がない場合は、ホームエレベーターの導入をご検討下さい。

ホームエレベーター

設置する為にはホームエレベーターを上下させる昇降スペースの確保が必須です。省スペースタイプから車椅子対応のタイプまで用途に応じて選択することが出来、仕様などによって昇降スペースのサイズも異なってきます。それほど大きく異なるわけではありませんが、既設の建物で昇降スペースを確保する場合は重要なポイントになりますので、ご利用形態に合わせて判断をしていく必要があります。

リフォームのページでも触れていますが、最近では省スペースの家庭用エレベーターも色々と発売されていますので、車椅子をご利用される方がいらっしゃらない場合には、省スペースで設置可能な機種を選択することで、お住まいの空間を大きく損なうこともなくなります。また、ホームエレベーターは生活動線となる階段の上に設置するいす式階段昇降機とは異なり、設置する際は専用の昇降スペースを設けることになります。その為、設置してしまえば家庭用エレベーターは壁の中にある状態となりますので、いす式階段昇降機と比べた場合に利用者以外から邪魔に感じられることもありません。

※ホームエレベーターに関しましては、各取扱い業者様にて直接ご確認下さい。

製品情報を見てみましょう製品情報を見てみましょう

お問い合わせ・カタログ請求製品・サービスに関するご質問・ご相談やカタログのご請求などはこちらから

WEBからのお問い合わせ

カタログのご請求

お電話でのお問い合わせ

0120-30-5678

現地調査をご希望・お見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。多くの施工事例や詳しい機能・寸法図などを紹介したパンフレットも差し上げています。

東京ショールームで

ステップリフトの乗り心地を

ぜひご体験ください。

この製品は実際に東京ショールームで体験いただけます

  • 階段昇降機の基礎知識
  • 車椅子式階段昇降機
  • ショールーム

  • 介護住宅改修とバリアフリー
  • 階段昇降機の価格について
  • 階段昇降機と介護保険

  • 階段昇降機の保守・メンテナンス